• seminarkanri

【今さらに伸びる動画市場】動画の活用について

2019年の動画広告費は前年比130%越えの拡大が見込まれていると言われています。

これを後押しする如く5G(第5世代移動通信規格)への移行が2020年には始まる見込みです。現在は4Gですが、およそ100倍は通信速度が速くなると言われています。

つまり、動画は今後より活用されるようになります。


動画の情報量は1分間の映像で180万文字分の情報量、

サイトの3600ページ分の情報量とも言われています。

さらに拡散力に長けています。

動画コンテンツとFacebookやInstagramといったSNSとも相性がよく、

気に入った動画は拡散されるので、より多くの人々に視聴してもらえる可能性が高いため、

自社のことを知らない方に認知してもらえる機会は増えます。



さて、動画を自社でも活用していく場合に

まず考えたいこととしては、

目的は何かをはっきりさせることです。

当たり前のことですが

曖昧なまま動画を作成してしまい

活用しきれていないということは

往々にしてあります。



動画でよくある失敗例としましては

①目的が定っていないため、情報量が多すぎて何が伝えたいのか分かりづらい

②動画が長い

③求めている層の視聴が少ない


失敗しないためにも、目的の設定は非常に重要です。

例えば、「自社の認知度アップ」か「自社の理解を深めてもらいたい」のか、

「採用」か「営業」でも異なります。

仮に求職者の認知度アップを目的とすると、

自社を知らない人に観てもらう必要がありますので、

SNSやYouTubeなどに掲載をして拡散を狙うか、広告掲載をするかが考えられます。

認知度アップを目的とするならば、動画の始めの5秒が重要となります。

5秒間で興味喚起を促し、動画の続きを見てもらえる動画を心掛けて下さい。

動画の活用をぜひご検討ください!

0回の閲覧

​社員が誇れる物流企業を創る。

Copyright © Funaisoken Logistics Incorporated All rights reserved.

お問い合わせ:03-6212-2936

アカデミー事務局:齊藤