• seminarkanri

なぜドライバーが定着しないのか②

前回、ドライバーが定着しない理由と対策を2つお伝えしましたが、

今回はその続きをお伝えさせていただきます。


前回お伝えした理由は次の2つです。

理由①企業特性に合わない人を採用している。

理由②現場マネージャーが部下に興味がない。

この2つの理由の詳しい解説は、前回の記事を見ていただければと思います。


理由③初期教育がしっかりされていない。

様々な会社の定着率のデータを集めた結果、ドライバーが一番辞めやすい時期は、

入社1~2週間の初期教育期間ということがわかりました。

また、入社年度順に分析すると、

入社して2年以内に辞めている人が一番多いことがわかっています。

これらのデータから、初期教育、入社して2年以内にフォーカスして

定着率をあげる対策をすることが必要であるとわかります。


まず、初期教育時の対策としては、

新人教育カリキュラムを離職防止の視点で練りこむということです。

ドライバーは、その会社で働くことに安心を感じ、

仕事を愉しいと感じ、仕事に使命を感じることで、その会社を辞めにくくなります。

マズローの欲求5段階説はご存知でしょうか。

人間は、

①生理的欲求

②安全の欲求

③所属と愛の欲求

④承認の欲求

⑤自己実現の欲求

の順に、欲求を感じるという説です。

定着率を上げるためにも、この順番を意識し、マネジメントしていく必要があります。

ドライバーの自己実現の欲求を満たす前に、

賃金体系や、休日・休暇の体制を整えることによる、

生理的欲求を満たしてあげることが必要なのです。




新人教育カリキュラムを作る際に気を付けなければならないことは、

新人がどんなことが判らなくて、またはできなくて困るかを考慮することです。

新人が困るであろう社内用語や、業界用語の用語集を作成するということも効果的でしょう。


是非、今後のドライバー定着率を上げていくために、

ドライバーの入社初期にフォーカスし、対策をしていただければと思います。

0回の閲覧

​社員が誇れる物流企業を創る。

Copyright © Funaisoken Logistics Incorporated All rights reserved.

お問い合わせ:03-6212-2936

アカデミー事務局:齊藤