• seminarkanri

事故を減らす「有意義な」安全研修会

一般的な会社とは違い、物流会社や運送会社では、

事故率が重要な経営指標として判断されます。

事故を減らすため、多くの会社が「安全研修会」を実施しています。

「安全研修会」とは、過去の事故事例を分析し、共有、改善するものですが、

実際改善されていないケースがほとんどです。

その理由として、参加者の危機感がない・マンネリ化しているなど、様々な理由が挙げられますが、

要はポイントを押さえていないのです。

実際、奈良のB社では以下のポイントを抑え、年々事故率を減少させています。


 マナー研修を行う 基本的なマナー(挨拶・身だしなみ・仕草など)を守れない人が、

交通ルールを守れるはずがありません。

統計上、マナーが悪いドライバーは事故件数が多いというデータもあります。 自社でマナー研修を行うのは難しいので、ぜひ外部講師を呼んで実施してみてください。

 必ずアウトプットする 一方的に聞いているだけの研修は、数時間後には忘れてしまいます。

受けた研修内容をアウトプットすることで、記憶にも残りやすくなります。

一枚のメモ用紙を準備し、研修の感想・改善点・明日から

実施すべきことを書き出してもらいましょう。提出は絶対にその日のうちに設定してください。

 事故事例の共有⇒無事故表彰 安全研修会で、事故事例の共有を行っている会社は、数多くあります。

しかし、「このような事故が起きたから、気を付けましょうね~」という甘い注意ではいけません。

注意意識が足りず、事故を起こした方へは厳しく名指しで注意しましょう。 また、無事故表彰をする際は、必ず「事故事例の共有⇒無事故表彰」という順番を守ってください。

名指しでの注意から⇒満々の笑みでの無事故表彰。これほどアメとムチなことはありません。実際この順番を守ることで、次回は「私も表彰されたい!」という心理が働きます。

以上、安全研修会を実施する際に、気をつけるべきポイントでした。 みなさま、ぜひ有意義な「安全研修会」を実施してみてください!

0回の閲覧

​社員が誇れる物流企業を創る。

Copyright © Funaisoken Logistics Incorporated All rights reserved.

お問い合わせ:03-6212-2936

アカデミー事務局:齊藤