• seminarkanri

採用におけるマーケット調査の重要性

自社の労働環境や労働条件は、競合他社に比べてどうでしょうか?

競合他社とは、社員が通う範囲に該当する企業のことです。

よく耳にするのは、「うちは地域で一番の給与を払っている」という言葉です。


それは、いつの時点でしょうか?

また、しっかりとした調査をした結果なのでしょうか?

それが数年前でしたら再度調査が必要になります。


その理由は、3つあります。

1つ目は、昨今の人手不足により同業他社が給与の水準をあげてきている。

2つ目は、INDEEDやGoogle for jobsにより、どの企業も簡単に求人を出稿できるようになった。

3つ目は、大手企業が輸送力確保のために、自社の採用を強化し始めた。

上記3つにより、ここ数年で、自社の労働環境や労働条件が

地域で一番ではなくなってきている可能性があります。


では、採用におけるマーケット調査はどのようにやればよいのか。

ほとんどの企業がWEBで求人を行なっていますので、

検索によって競合企業を調査すればよいでしょう。ステップとしては以下です。


①拠点別の募集エリアを洗い出す(15~20キロ圏内)

②募集エリア×職種名で調べる。INDEEDや媒体に出ている求人をピックアップする。

③該当企業の求人の条件を車種別に一覧にする。

④自社の条件がどの程度に位置しているのか比較する。


マーケット調査をするにあたり、注意すべき点は単純な比較検討だけでなく、

積み込み方法や労働時間、労働時間帯もしっかりと加味しなければなりません。

求職者の立場になって、給料が全く一緒なら労働時間が短くて、

簡単な作業のほうが選ばれます。

そして、この調査を行ない結局のところ行きつくのは、荷主との交渉になります。

根拠を持った荷主交渉をするためにも、こういうマーケット調査は有効になります。

最近、人がめっきり集まらなくなったという企業様はぜひ、実施してみてください。

0回の閲覧

​社員が誇れる物流企業を創る。

Copyright © Funaisoken Logistics Incorporated All rights reserved.

お問い合わせ:03-6212-2936

アカデミー事務局:齊藤