• seminarkanri

新36協定の変更点を知る(2)~物流企業の働き方改革~ 

ドライバー職に対する新しい時間外上限規制は2024年から適用ですが、事務職や管理職、倉庫業務といったドライバーではない従業員に対する規制は、この4月(大企業は昨年4月)から始まっています。


これにより36協定の様式が変更になり、「一般条項」と「特別条項付」(限度時間を超える残業設定)で様式が分かれます。「特別条項付」の場合、旧36協定は1枚で手続きが完了していましたが、新36協定は書類が2枚になり、以下の4項目を明記する必要があります。


詳しくはこちら→https://logiiiii.f-logi.com/series/management/20200501/

1回の閲覧

​社員が誇れる物流企業を創る。

Copyright © Funaisoken Logistics Incorporated All rights reserved.

お問い合わせ:03-6212-2936

アカデミー事務局:齊藤