• seminarkanri

貴社の賃金体系は、5年後、最低賃金違反になりませんか?

労働基準法の一部が改正され、2019年4月(中小企業は2020年4月)から

時間外労働の限度は、原則月45時間、年360時間となりました。


特別条項付36協定を締結している場合、

・時間外労働の上限は「年間720時間」

・時間外労働+休日労働で

単月では100時間未満、2~6か月の平均で、80時間以内

とする必要があります。

また、原則である月45時間を上回る特例の適用は年6 回が上限となります。

 

自動車運転の業務(トラックドライバー)については、

改正法の一般原則の施行期日の5年後(2024年)に、

年960時間、月80時間以内の罰則付き労働規制が適用されます。

なお、運行管理者など、ドライバー以外の職種は2019年4月から適用されているので、

注意が必要です。


また、2022年4月から、月60時間以上の時間外労働の割増賃金が

中小企業でも50%(現状25%)が適用されます。


さらに安倍首相は2015年11月に開催された経済財政諮問会議で、

最低賃金を2016年以降、毎年3%程度ずつ引き上げて、

時給1000円を目指すと表明しています。

最低賃金を引き上げることで消費が生まれ、

名目国内総生産(GDP)600兆円を達成することが目的です。



最低賃金は毎年10月に上がりますが、

2018年10月の最低賃金は、全国平均で874円。

毎年3%の賃上げが行われれば、

単純計算で2023年度に最低賃金は1,000円に到達することになります。


毎年3%ずつ賃上げした場合の最低賃金推移

2019年 901円

2020年 929円

2021年 957円

2022年 986円

2023年 1,016円


貴社の賃金体系は、5年後、最低賃金違反にならないか、

また、対応できるか、今のうちから準備しておきましょう。

0回の閲覧

​社員が誇れる物流企業を創る。

Copyright © Funaisoken Logistics Incorporated All rights reserved.

お問い合わせ:03-6212-2936

アカデミー事務局:齊藤