• seminarkanri

高まる求人メディアミックスの重要性

2019年の人材戦略の一つに「メディアミックス」があります。

スマホの普及により、簡単に情報にアクセスできるようになった結果、

求職者は応募したり面接を受けたりする前に、

様々な媒体からその企業のことを調べるようになりました。


特に年齢層が若くなればなるほど、複数媒体から情報を仕入れていることは、

厚生労働省が発表している「民間人材ビジネス実態把握調査」に掲載されているとおりです。


皆様も、飲食店などを調べる際にそのお店のホームページや口コミをみて

選択をしていると思いますので、想像は容易だとおもいます。


また、ここにきてindeed広告のクリック単価が上昇してきています。

船井総研ロジで運用しているindeedアカウント100社超の平均値推移ですが、

2018年4月の86円から127円へと上昇しています。

11~12月は繁忙期前でクリック単価は上昇する傾向にありますが、

そのことを差し引いても、この半年間で1.2~1.3倍ほど上昇しています。

知名度が向上し利用企業は年々増えているため、

今後もクリック単価は上昇傾向が続くことが予想されます。



そのため、2019年以降も安定的に人材募集をするためには、indeed依存ではなく、

他の媒体や広告もうまく活用して、費用対効果の最大化を図る必要があります。


例えば、

①ハローワークやジモティー等、無料で活用できる媒体

②FacebookやTwitterなどのSNS

③テレビCM、ラジオCMなどの媒体

④パブリシティ

⑤トラック広告・看板

⑥その他求人媒体・広告

など様々なメディアがあります。


いかに自社のことを知ってもらうチャネルを広げるか、複数化するかがポイントです。

ぜひ2019年は「求人メディアミックス」をいかにうまく行うか、注力していただければと思います。

0回の閲覧

​社員が誇れる物流企業を創る。

Copyright © Funaisoken Logistics Incorporated All rights reserved.

お問い合わせ:03-6212-2936

アカデミー事務局:齊藤