​社員が誇れる物流企業を創る。

Copyright © Funaisoken Logistics Incorporated All rights reserved.

お問い合わせ:03-6212-2936

アカデミー事務局:齊藤

  • seminarkanri

DMマーケティング成功の秘訣

多くの会社様では、新規案件獲得の為にDM(ダイレクトメール)を発送しています。

代表的なマーケティング手法で、皆様も一度は実施されたことがあるかと思います。

しかし、「全然反響がない」「問い合わせがあっても案件にはならない」といった声をよく耳にします。 一方では、DMを発送するたびに、一定数反響を獲得している会社もあります。 そのような会社様では、どのようなDMマーケティングを実施しているのでしょうか。


発送リストの作成 1つは、発送リストを必ず精査しています。

よく、リスト作成は手間だから、外部の名簿会社から買うといったことをされていますが、

うまくいかないケースが多くあります。

リスト自体が古い(住所変更しているなど)・ターゲットが違うことがあるので、

リストは必ず1件1件確認しましょう。


代表者名記入の徹底 2つ目は、必ず宛先名を書いています。

会社名だけでは、開封率が落ちてしまいます。

新規でDMを発送する場合は、宛先名がわからない事が多いので、

HPや東京商工リサーチなどを使い、宛先に代表名を記載するようにしましょう。


TELアポの活用 最後に、DMを発送した先にTELアポをしています。

ご存知かと思いますが、会社様の元へは毎日何10通というチラシや案内が届きます。 そういった案内・チラシに埋もれ、DM内容には興味があるのに、見られていない、

といったことが多くあります。 そこでまずはDMを見てもらう為に、TELアポをします。 DMはだいたい発送から3日前後で、届け先へ到着していますので、

それぐらいを目処にかけてみましょう。 「〇〇のDMみられましたか?」「〇〇のサービスを展開しておりまして~」など、

それをきっかけとして、電話営業ができたりと、メリットしかありません。

もし、自社では手がまわらずTELアポできないという方は、

代行でTELアポしてくれるサービスがあるので、そちらを利用してみたください。




0回の閲覧